そうだ京都のついでに滋賀にも行こう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

篠山の蕎麦屋さん「弐拾六」

正月2日、丹波篠山にでかけてきました。

丹波篠山。
どこもかしこも休業中なのでは?
と少し案じていたが、なんのことない。
正月商戦は都会並みに活発でした!

そして伺ったのは「弐拾六(つとむ)」というお蕎麦屋さん。
蕎麦とともに鯖寿司も絶品!
どうも有名店のようです。

DSCN3118.jpg

「弐拾六」という屋号。
ちょっと変わってますんで,由来をお尋ねしましたら
ご主人の名前が「つとむさん」とおっしゃるので
(ツー)20+(トー)10+(ムー)6=26
名前を足して「弐拾六」でツトムとのことでした。

お洒落!

混雑する中,変な質問をして失礼しました。

篠山は鯖寿司も名物とありましたが、
これは近年のことかもしれませんね??

鯖寿司と言えば京都!

かつて若狭から滋賀の鯖街道を通って運ばれた「鯖」でこしらえた鯖寿司は
京都のハレの日のご馳走であったが、
今はいつでも食べられる単なるお寿司!?

しかしここの鯖寿司は「ご馳走」に値する美味しさでした。
鯖の身が引き締まっていて分厚い。
それでいてお手軽な料金設定。

DSCN3120.jpg

鯖寿司ひときれ200円。
いなり寿司/80円

お得でしょ?


そしてこちらは蕎麦。
寒かったので鳥なんつけ蕎麦。

DSCN3125.jpg


DSCN3123.jpg

DSCN3124.jpg



冷たい蕎麦をあったかい鳥なんつけ汁にひたして食べます。
まず「蕎麦」がいいですね。
こしのあるしっかりした蕎麦です。
そしてつけ汁はダシが美味しい!
鳥のダシがしっかり出ています。

そしてお値段も良心的です。
確か880円でした。


鯖寿司が美味しかったのでお持ち帰りも注文しました。


そして篠山城後にある篠山城大書院と歴史美術館、
青山歴史村、武家屋敷安間史料館を見学。

以前来たときにはなかった篠山城跡の篠山城大書院。
当時の書院が再現されていて、篠山城築城に関するビデオも上映もされています。


篠山城は石垣しか残っていないので
勝手にそのあいた空間に大きなお城を想像していたのであるが、
実際は大急ぎで1年足らずでつくられた天守閣のない
背の低いお城だったんですね。

意外〜〜

城跡に当時の城の間取りが広々と刻印されているのが
想像力をかき立てられました。

そして丹波篠山といえばやっぱり思い浮かぶのは「黒豆」。
ここのメインシーズンは黒豆が黒豆として収穫される前に
「黒豆枝豆」として刈り取られ流通するようになった秋の頃。
大勢の観光客で賑わうようです。

黒豆枝豆を食べる様になったのは最近のこと。
その収穫には実は大変な手間がかかっているんですね。
貴重な黒豆枝豆。

久しぶりの丹那篠山の中心街は
やっぱり味わい深いところでした。




大きな地図で見る

篠山皿そば 弐拾六
兵庫県篠山市黒岡19
11:00〜17:00
[土日祝]11:00〜19:00
ランチ営業、日曜営業














スポンサーサイト

テーマ:滋賀県 - ジャンル:地域情報

  1. 2014/01/06(月) 23:21:46|
  2. 丹波篠山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

延暦寺 修正会

あけましておめでとうございます

今年も「滋賀へようこそブログ」を何卒よろしくお願い申し上げます。

年があけてあっという間に数日が立ってしまいました。
大掃除に四苦八苦していたのが遠い昔のように感じられます。
拭き清めたはずの床にもうっすらホコリが・・・・
正月という非日常から日常へ、戻りつつあります。


大晦日は年越し前にさっさと年越し蕎麦を食べ終え、
比叡山延暦寺の「修正会」(しゅしょうえ)を観てきました。
何でも、カメラを趣味にする人は大晦日、この修正会で鬼を撮影し、
その後、高島市の白髭神社で鳥居の間から昇る初日の出を撮影するのがコースになっているのだとか?

私は延暦寺だけで充分体力を使い果たしましたが・・・・(寒かった!)

積雪を心配したのであるが、道に雪はなく
路肩や根本中堂の屋根には残雪が見られました。

ところで、修正会(しゅしょうえ)って何?
と思って行く前に検索してみたのであるが、


人間の心の悪業である、むさぼり、怒り、ねたみを表す鬼が舞い、
それらを修行僧がこらしめ、改心させるという祭事(追儺式(ついなしき))。
今一度、これまでの自分を反省し、新しい年に向けて、新たな気持ちでという意味がこめられています。
(延暦寺サイトより抜粋)

とありました。
なるほど。
新年を迎えるにあたり気持ちを一新するにふさわしい歳時。

修正会の始まるまでの時間には
無料で大根炊きや甘酒がふるまわれます。
冷えた体にうれしいおもてなしです。
そして、除夜の鐘の受付にも間に合いました。


DSCN3105.jpg

DSCN3101.jpg

DSCN3099.jpg

鬼1


おちゃらけた鬼、怒りの鬼、情けない鬼、(正式な呼び名を失念!)
3匹の鬼が修行僧によっていましめられ改心していきます。
それぞれサービス精神が旺盛な鬼たちでした!?


そして修正会が終わると除夜の鐘つきが始まります。
順番を待っている間に年が明け、
おめでとう〜の声があちこちから聞こえてきました。
あら、明けたの??と思ってスマホを取り出し確認した次第でしたね〜

除夜の鐘は5人で力を合わせてひとつき。
私は97番目の鐘をつかせていただきました。
ちなみに鐘をつかせていただくには1000円を支払って絵馬を買い求めます。



DSCN3110.jpg


そして根本中堂にお詣りして絵馬とおでこに牛王印(ゴオウイン)を押していただきました。
(牛王印とは、その祈りを、阿弥陀如来を意味する梵字(ぼんじ)に込めた朱印のこと)

さて、お詣りは完璧!
あとは神頼みではなく自分頼み!?

いい年にしたいですね。











  1. 2014/01/03(金) 17:54:48|
  2. 大津市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。