そうだ京都のついでに滋賀にも行こう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

奥琵琶湖、絶景の料亭

遠藤周作がここからの景色を気に入って常宿にしていたという湖里庵さん。
お店の名前も遠藤周作さんがつけられたそうです。

滋賀ならではの食材を使った料理とこの景色。
宿泊は1日1組限定だそうで、
丸ごと貸し切れるんですね。

ちなみに料金は頑張ったら手がとどく範囲です!

風景と料理と、もてなしに堪能する宿。
いっぺん泊まってみたい。


湖里庵さん

湖里庵さん

湖里庵さん





湖里庵
滋賀県高島市マキノ町海津2307








スポンサーサイト
  1. 2016/03/07(月) 12:07:02|
  2. 高島市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

処女湖の紅葉

処女湖4

処女湖2

処女湖3

処女湖1

紅葉は少し早かったかな〜
しかし道が・・・・荒れていた。

落石があるらしく石がゴロゴロ・・・
ところどころ道が陥没してるし。

そして晴れたり曇ったりで寒い!

行きはここに来たことを後悔していたが
帰りは晴れてきて。
すると景色が違って見えてくる。
紅葉がきれい。

帰りにみた安曇川の景色がきれいだった。
さすが米どころ、近江!といった景色。

処女湖5

来週あたり、晴れたらいい感じかも。


箱館山スキー場よりクネクネ山道を登ること、
約30分くらい(制限速度20キロ)でした。
地図を見ると他にもルートがあるように見えます。


大きな地図で見る


  1. 2014/11/04(火) 16:51:24|
  2. 高島市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高島ビレッジ

びれっじ街道


高島市は何回も足を運んでいるが、知らなかった。

『高島ビレッジ』

高島の町おこし事業?
まだ発展途上に見えたけれど!?、もう20年になるらしい。


高島ビレッジは商家跡をリメイクしたロハスでお洒落な空間。
今調べると1号館〜8号館まであるとありました。
NHKのお昼の番組でも紹介されたらしい。

ちょうど昼時にきたのでどこかで食事でもと思ったら、
どこもコミコミ。

仕方ないので周辺を散策して時間をつぶすことにした。

びれっじ外観

倉かふぇ


わにかふぇ



各建物それぞれが「館」らしい。
「館」の固まりが3カ所ありました。

お洒落なレストランやスイーツカフェ。
染色・キャンドル作り体験もできます。

体験

しかし何より豊かなのはやっぱり自然。

山があって、田園があって、少し走るとびわ湖がある。
そしてコアな!?歴史好きの方には大構城の城跡を見ることも出来る。
大構城は信長が甥(織田信澄)につくらせたという城。

こちらは大構城陣屋の跡地。
門だけが残っているらしい。

大構城陣屋

そして門をくぐってみると・・・

陣屋内物件

そこには立派な「物件」があった。



周辺を歩いて散策していると
地元の生活空間にお邪魔したような感じがして
「すみません、よそ者がウロウロしまして・・・」
みたいな気持ちになったりする。

真ん中に水路のある、かわった道路がありました。

びれっじ周辺道路


もうちょっと広範囲を自転車で廻ってみたいな、と思ったらレンタル料金1時間400円!!
これはお高くない?

さて、時間も過ぎたのでもう空いてるだろうと、
目を付けておいた倉を改造したカフェで
近江牛バーグを食べようとしたんだけれど、
材料が底をついたようでアウト!

仕方ないので「ざるそば定食」。

そばとかやくご飯。
なんかいつものメニューになってしまった。

ここでは店主が地元の方と熱い町おこし討論をされているのが
聞こえてきました。

熱いね〜〜

今度はぜひ「パスタ」を食べにきたい!
休日のお昼は早いめに来たほうがいいようです。

帰りは車で数分のところにある乙女が池に立ち寄ってきました。

乙女が池1

これから秋が深まると
高島市は見所がいっぱい。
目が離せないですね〜


大きな地図で見る

滋賀県高島市勝野
http://www7.ocn.ne.jp/~tmcshiga/

















  1. 2014/09/20(土) 18:52:30|
  2. 高島市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高島市 自游庵

「手打ち蕎麦 自游庵(じゆうあん)」は陶芸家の方が週末(土日)のみ営業されている
レアな蕎麦屋さん。


しかも冬期(12月〜3月)は雪のため休業されます。


行くなら急がないともうすぐ12月!冬期休業に突入してしまう。


自遊庵1

田んぼに囲まれた集落のなかにあって、看板がなければ見落としてしまいそうです。

ここは3年前に開店されたそうですが。

自遊庵2

なんのなんの。味わいのある「そば」です。

私が注文したのは「せいろ」と「季節の天ぷら」。

自遊庵5

自遊庵6

見た目は女性的なしなやかな麺に見えました。
が、食べてみるとしっかりとしたこしがあります。

薬味はわさびと少量の大根の千切り。
ちょっと変わってますが、違和感はなし。


自遊庵7

季節の天ぷらは、安納芋、琵琶湖の小魚(名前聞き忘れ)、きのこ、パセリと鶏肉のかき揚げを
抹茶塩でいただきました。
揚げたてでほくほく美味しかったですが、もう少しサクサク感があればよかったかな。

そして何も足さない,何も引かない、純粋な「そば湯」が出て参りました。
あっさりとした味が新鮮で、美味しくいただきました。

自遊庵8


自遊庵9

メニューはこちら。

生粉打ち十割そばもありますね〜
今度,機会があれば食べてみたい!

せいろ一半、というのは男性には嬉しい心配りのメニューですね。

日本酒はおひとり2合まで、とありました。
(写真では切れてますが・・)
たしなみ程度にしてください、とのことですね。

ここでは落語会もされているようで、
すっかり地域の憩いの場になっているようです。


自遊庵11

店内というより、田舎のウチのお座敷にお邪魔したような雰囲気。
トイレにいく途中の縁側の日だまりが、なんともあったかそうで昼寝したい欲求にかられます。

自遊庵4

自遊庵10


「自游庵」。

名前の通り、自由に、真面目に、楽しみながら
美味しいそばをつくってらっしゃる雰囲気が伝わってくるおそば屋さん。
その真面目さは、そばは栽培からなさっているらしい。

今度はぜひ、そばの花に時期に伺ってみたいです。

ちなみにここの陶芸家のご主人は
「風と土の交藝 in 琵琶湖高島2013」に参加されているので、
今月末までなら、そば+工房訪問、もかないますね〜

チャンスです!








大きな地図で見る
「自游庵」
滋賀県高島市マキノ町山中465-1
11:30~14:30(麺売り切れ次第閉店)
※土・日のみの営業
12月・1月・2月は冬季休業












テーマ:滋賀県情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2013/11/19(火) 22:29:39|
  2. 高島市
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

朽木 永昌庵

滋賀では定番ともいえそうな、蕎麦の人気店『永昌庵』。

滋賀県高島市朽木にあります。
市町村合併までは滋賀県で唯一の『村』(朽木村)だったのが
高島市になってしまって、残念に思ったことです。

永昌庵は鯖街道(国道367号)沿いにあり、
道中には鯖寿司を売る店がぽつぽつあちこちに見られます。
そして国道と並走するように朽木川が流れており、
キャンプ場もいくつかあります。(オートキャンプできるようです。)
ところどころ工事で山肌がむき出しになっているのが残念ではありますが、
ドライブにも気持ちのいい道です。

昔は若狭でとれた魚を、この道を通って京都まで運んだんですね〜
当時の旧道もあるようなので、歩いてみるのも楽しいかもしれません。
以前、何かの番組でサカナくんが歩いてました。


さて、こちらが永昌庵。

店


福井に向かって走ると左手に、川側にあります。
建物の裏側に朽木川が流れています。

店内に入ると壁際には陶器や木製のおもちゃ等が陳列されていて、
たぶん地元の作家さんの作品だろうと思われますが、
買うことができます。
手軽に買えるものから高額なものまで、
「そば」が来るまでの時間つぶしに眺めるのも楽しいです。

川側は全面ガラス窓なので、景色も堪能できる作りになっています。

ながめ


そしてメニューは超シンプル。

おしながき


壁にかかっているのを見て注文します。
手にとってみるメニューを見たことない気がする・・・


そしてこちらが「ざるそば」。


そば

そばアップ


福井の近い土地柄のせいか、越前そばのように
こしのあるしっかりとした麺です。
見ての通り、太めで力強い。

薬味はネギとわさび。

食べると見た目通りのしっかりとした歯ごたえ。
しかし固すぎない。
何度も通っていますが、いつきても
変わらぬ安定した美味しさです。



女性なら十分な量ですが
追加したい場合は「ひめもり」があります。
大盛りはないそうです。

そしてこちらはそば湯。

そば湯


デザートには「とち揚げ」。
朽木名物の栃の実の入った「栃餅」を揚げたもの。
表面はパリパリ、中はとろ〜りもっちりのお餅が
おダシに絡んで絶妙の味!

写真の右側の”うす茶”の部分がパリパリのお餅の表面。
左の茶色っぽい部分はお餅の中身が飛び出しています。
そしてとうがらしが1本。
これは想定外の美味しさでした。
これで300円はお手頃です。


とちあげ

そういえば最近、『永昌庵』が新聞に紹介されていたのですが
息子さんが帰ってこられて後を継がれるそうです。
これって新聞ネタ!?

滋賀の毎日新聞では毎週1回、朽木が特集されています。
そこに取り上げられていたんですね。
今ある味を、受け継いでいってほしいですね。




大きな地図で見る

くつきそば 永昌庵 (えいしょうあん)
滋賀県高島市朽木大野178-5
TEL.0740-38-3233
11:00~17:00(売り切れ次第終了)
定休日/水曜・第1第3木曜




































  1. 2013/11/14(木) 16:36:23|
  2. 高島市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。