そうだ京都のついでに滋賀にも行こう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

開館15周年のびわ湖ホール

びわ湖ホールは滋賀県下にとどまらず
他府県からも訪れる人の多い、本格的オペラ劇場です。
今年は開館15周年を迎え、この10月の3連休には
記念コンサートも催されました。

館内




私も12日に行われた
『びわ湖ホール芸術監督 沼尻竜典と野村萬斎の
豪華共演のよる“MANSAIボレロ”』を鑑賞してきました。

MANSAIボレロ。
最初は違和感のあった狂言の「舞」とオーケストラの競演でしたが
次第に曲と舞が重なり合い、萬斎さんの世界にすっかり魅了され、
ブラボー!!と拍手喝采で終わりました。
今もボレロが頭の中に流れています。

沼尻竜典氏はびわ湖ホールの芸術監督ですが
トークも絶品!
(失礼ながら)観客の楽しませ方をご存知の方です。

次回びわ湖ホールでの、沼尻さんのご登場は
2014年3月8日(日)・9日(土)
〈沼尻竜典オペラセレクション〉
コルンゴルト作曲 歌劇『死の都』(全3幕) ドイツ語上演・日本語字幕付

次いで2014年3月29日(土)
びわ湖ホール声楽アンサンブル第54回定期公演 「日本合唱音楽の古典Ⅲ」

●チケット好評発売中

びわ湖ホールは景観も素晴らしく
待ち合いの時間も退屈することなくびわ湖の風景がもてなしてくれます。

内部



そしてホールの正面玄関より裏手のびわ湖岸には大きな古い常夜灯を見る事ができます。
この常夜灯は石場と草津の矢橋を結ぶ船の目印として建立されたものが
ここに移されたとあります。

びわ湖をはさんだあちらとコチラ。
橋がなかった頃は渡し船で行き来していたんですね。
その頃の船の目印として常夜灯があったらしいです。
灯台のようなもんでしょうか。
近代的なホールの建物を背景に、常夜灯が存在感を示しています。

常夜灯



そしてコチラのかわいいゆるキャラは
びわ湖ホールのシアターメイツ顧問
「にゃんばら先生」
グッズもいろいろ販売されてるみたいです。
ひこにゃんに続くか!?ニャンバラ先生!!

にゃんばら

※シアターメイツは6歳〜18歳対象の無料で特典が受けられるオトクサービスです。

そしてびわ湖に向かってホールの左側
なぎさ公園打出の森にはお洒落なカフェが立ち並んでいます。

かふぇ


芸術の秋にびわ湖ホール
チェックしてみてください。


大きな地図で見る

〒520-0806 滋賀県大津市打出浜15-1
TEL. 077-523-7133 FAX. 077-523-7147



スポンサーサイト

テーマ:滋賀県情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2013/10/15(火) 14:16:53|
  2. びわ湖ホール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。