そうだ京都のついでに滋賀にも行こう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

兵主大社【野洲】

湖周道路を近江八幡に向かって走ると、野洲川を渡ってしばらくしたあたりに
『兵主大社』(ひょうずたいしゃ)の案内版がある。

紅葉のライトアップでも有名な兵主大社。
「兵主」という妙な名前が気になりながらも行ったことがなかった。

で、ようやく行ってきたのであるが
時すでに遅し、であった。
ライトの撤収作業中だったのである。

ということは紅葉の見頃は終わっていたということで誠に残念。


しかし滋賀県下でも有数の古社ということだけあって、
味わいのあるいい神社であった。


楼門

足利尊氏の寄進と伝えられる朱塗りの楼門(ろうもん)。
いい味出してます。
歴史に耐えて今ある、といった存在感を感じます。

そして参道の奥に小さく見えるのが本殿。
参道は約100m。
脇の紅葉はちょうど見頃。

ここは映画や時代劇のロケ地としても有名であるらしい。
社務所にいくつも写真が掲げてありました。



玉砂利


狛犬

狛犬には願いの書かれた包帯のようなものが巻かれていました。



そして兵主大社の見所である地泉廻遊式庭園(ちせんかいゆうしきていえん)は国指定の名勝です。
ライトアップされている庭園ですね。

この庭園は神社より先にこの地にあったとされています。
(庭園/拝観料500円)

庭園1

庭園2

庭園3


池を囲むように作られた庭園の小道をめぐります。
苔の美しい庭園で、苔のうえに散った紅葉がいい景色を作っています。

しかし、京都の庭園を見慣れたせいか少し「雑」に見えてしまうところもあって
特に、池の水が濁っていたのが非常に残念でした。


土産

そしてこちらはお土産のせんべい。
亀と鹿の住む大社、とあります。
亀と鹿の組み合わせ、
気になります。

石

境内の庭の石にも親子の鹿がいます。

で、ちょっと調べてみましたら

【兵主(ひょうず)大社の神様は白蛇となって大亀の甲に乗り、
鹿の群れに守護されて琵琶湖を渡って来たといいます。】

とありました。
すっきり!



大きな地図で見る

兵主大社(ひょうずたいしゃ)

滋賀県野洲市五条566
077-589-2072
拝観時間/境内自由(庭園は9:00~16:30)
駐車場あり(無料)
庭園拝観/500円
収蔵庫拝観(要予約/ 500円
庭園・収蔵庫セット/800円














スポンサーサイト
  1. 2013/11/27(水) 22:55:08|
  2. 野洲市
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。