そうだ京都のついでに滋賀にも行こう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

山王祭

日吉大社の山王祭。
滋賀に移り住んで十数年になるのに行ったことがなかった。
昨日14日の「申の神事」を見てきました。

12日に行われた「午の神事」を見過ごしたのが悔やまれるが
これは来年の楽しみに・・・

空は青空。
参道には屋台も連なり
食べたりおしゃべりしたりとそれぞれがのんびりと
神輿が来るのを待ちます。
平日なので平均年齢はちょっと高めな気配。

そこへ4基の神輿がやってきます。
担ぎ手はバリバリ若い男前たち。
その男前たちの迫力をカメラに収めたいと
神輿に伴走する人たちの、私も一人。

参道の鳥居まで担がれた神輿はトラックに乗せられ琵琶湖へ行き、
船に移されて唐崎神社〜若宮神社と遊覧!?します。

遊覧する神輿を撮影したいと、とあるマリーナで待ち構えていたところ
居合わせた地元のおばちゃんに「とっておきの撮影場所」を教えていただきました。
親切でめちゃ明るいおばちゃんの顔は私の記憶にインプットされました。感謝!

水と神輿、滋賀らしい「山王祭」でした。

山王祭1

山王祭3

山王祭2

山王祭5

山王祭4














スポンサーサイト
  1. 2016/04/15(金) 21:13:49|
  2. 祭り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あぁ、西友が・・・

閑散とした大津駅から1キロぐらい下がったところにある丸屋町・菱屋町・長等町商店街。
そのアーケード街にあったに西友ストア。

さびれた感はあったものの、何かと便利な存在であった。

この間近くを歩いたらこんなことになっていた。

西友


あらら。取り壊しちゃうのねー


跡形もなく粉砕されようとしていた。

で、この地には平和堂ができるらしい。

大津駅も綺麗になるし、
なんか、変わるかな?

大津駅周辺。




  1. 2016/04/09(土) 23:21:36|
  2. 大津市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

勝部の火祭り

毎年1月の第2土曜日に執り行われる勝部の火祭り、浮気の火祭り。
今年初めて見たんですが、仕事がらみだったのでちょいといい場所で見ることができました。
ふんどし姿で踊る男性は全員35歳以下。それ以上になると座を明け渡さないといけないんですね。
確かに、皆さん、若々しくて凛々しくて、活力にあふれています。男っぷり、いいです。
若手の祭り継承者の確保に難しいとおっしゃっていましたが
祭りを見る限り、そんな心配はご無用のように思えました。


勝部火祭り


勝部火祭り


勝部火祭り


勝部火祭り



以下、県にサイトより抜粋

県を代表する勇壮な火祭として有名で、県の無形民俗文化財に選択されています。 祭の起源は鎌倉時代、土御門天皇(つちみかどてんのう)のご病気が重いので占わせたところ、この地に数千年も生きている大蛇(おろち)がその元凶だというので切り殺して火に焼いたところ、天皇が全快されたことに始まる、といわれています。
 当日、午後に祭の主役となる大松明1本1本に、神酒(みき)・鰯(いわし)・豆腐(とうふ)を供えて祈祷します。その後、3基の大太鼓が街中を練り歩き、夜8時30分ごろ大松明(おおたいまつ)12基が境内に勢揃い、褌姿の若者が神前の御神火から火をもらい一斉に点火します。火が、天まで立ち登るかのように夜空を焦がし燃えさかる様子は、見る者を圧倒し、若者たちが鐘や鼓を打ちながら無病息災を祈願して「ごうよ」「ひょうよ」(御悩平癒の転)と大きな掛け声をかけながら乱舞する勇壮な火の祭典となります。
 勝部で使われる大松明は、軸が長さ5mから6m、直径40cmの長い円柱で、材料には柴が用いられています。退治された大蛇の胴体は、勝部神社に、頭部が住吉神社へ飛んだとの伝承に由来する両神社の大松明はそれぞれ胴体と頭部に見立てられています。




  1. 2016/01/10(日) 10:34:22|
  2. 祭り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大津祭の鉾建て

今週末は大津祭。
先週月曜日の「鶴瓶の家族に乾杯」でも取り上げられてましたから、
今年はさらに賑わいそうな気配です。


鉾_2

鉾_1

日曜日の鉾建ての様子。
あいにくの空模様でしたが
あちこちで鉾を組み立てる様子がみられました。
これは「男」の仕事なんですね〜

そしてその背景ではお囃子を練習する音も賑やかです!

しばらくするとお囃子の音が近づいてきたり遠ざかったり。
不思議に思って見に行くと、菱屋町商店街のアーケードの下を
鉾が行ったり来たり。

動作チェック!?

大津祭。
晴れるといいですね。



  1. 2014/10/06(月) 21:54:59|
  2. 祭り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

延暦寺 修正会

あけましておめでとうございます

今年も「滋賀へようこそブログ」を何卒よろしくお願い申し上げます。

年があけてあっという間に数日が立ってしまいました。
大掃除に四苦八苦していたのが遠い昔のように感じられます。
拭き清めたはずの床にもうっすらホコリが・・・・
正月という非日常から日常へ、戻りつつあります。


大晦日は年越し前にさっさと年越し蕎麦を食べ終え、
比叡山延暦寺の「修正会」(しゅしょうえ)を観てきました。
何でも、カメラを趣味にする人は大晦日、この修正会で鬼を撮影し、
その後、高島市の白髭神社で鳥居の間から昇る初日の出を撮影するのがコースになっているのだとか?

私は延暦寺だけで充分体力を使い果たしましたが・・・・(寒かった!)

積雪を心配したのであるが、道に雪はなく
路肩や根本中堂の屋根には残雪が見られました。

ところで、修正会(しゅしょうえ)って何?
と思って行く前に検索してみたのであるが、


人間の心の悪業である、むさぼり、怒り、ねたみを表す鬼が舞い、
それらを修行僧がこらしめ、改心させるという祭事(追儺式(ついなしき))。
今一度、これまでの自分を反省し、新しい年に向けて、新たな気持ちでという意味がこめられています。
(延暦寺サイトより抜粋)

とありました。
なるほど。
新年を迎えるにあたり気持ちを一新するにふさわしい歳時。

修正会の始まるまでの時間には
無料で大根炊きや甘酒がふるまわれます。
冷えた体にうれしいおもてなしです。
そして、除夜の鐘の受付にも間に合いました。


DSCN3105.jpg

DSCN3101.jpg

DSCN3099.jpg

鬼1


おちゃらけた鬼、怒りの鬼、情けない鬼、(正式な呼び名を失念!)
3匹の鬼が修行僧によっていましめられ改心していきます。
それぞれサービス精神が旺盛な鬼たちでした!?


そして修正会が終わると除夜の鐘つきが始まります。
順番を待っている間に年が明け、
おめでとう〜の声があちこちから聞こえてきました。
あら、明けたの??と思ってスマホを取り出し確認した次第でしたね〜

除夜の鐘は5人で力を合わせてひとつき。
私は97番目の鐘をつかせていただきました。
ちなみに鐘をつかせていただくには1000円を支払って絵馬を買い求めます。



DSCN3110.jpg


そして根本中堂にお詣りして絵馬とおでこに牛王印(ゴオウイン)を押していただきました。
(牛王印とは、その祈りを、阿弥陀如来を意味する梵字(ぼんじ)に込めた朱印のこと)

さて、お詣りは完璧!
あとは神頼みではなく自分頼み!?

いい年にしたいですね。











  1. 2014/01/03(金) 17:54:48|
  2. 大津市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。